火星を植民地化する方法

How to colonize Mars

 

Guardian.co.ukによって供給というタイトルのこの記事 “火星を植民地化する方法” サラBRUHNSヤコブHaqq-ミスラによって書かれました, theguardian.com木曜日11月5日のために 2015 10.40 UTC

米航空宇宙局(NASA)は、リリースしました 火星へ人間の使命のために詳細な計画を含むレポート. これはNASAのための長年の目標であったし、その報告書は3つの段階で火星探査の課題を概説. 最初, 「地球リライアント」, ステージが乗って研究に焦点を当て 国際宇宙ステーション. 「試験場」のステージは、研究のためのスペースをより深く人間を置きます, 地球から数日を維持しながら、. 「地球の独立」のステージは、火星の表面に人間を取得することにより、計画を完了.

NASAは火星に人間を送る準備をして唯一の組織ではありません. SpaceX社, デニス・チトー インスピレーション火星財団, と 火星One すべて訪問することを目的を表明し、いくつかのケースであっても火星を植民地化しています.

いずれかの国や組織は集落を模索し、確立し始める前に, 宇宙探査および決済に関する国際法における曖昧さを明確にし、解決しなければなりません. 潜在的なコスト, 金融と政治, 空間での主権のこの問題を無視して、これらのミッション計画ははるかにさらに発展させるには高すぎます.

現在の宇宙探査の方針は、主によって定義されます 宇宙条約, で書かれました 1967. この条約は、スペースで大量破壊兵器をインストールするから、その署名バー, 平和目的にスペースの使用を制限, 任意の天体上の土地を主張する任意の国を禁止 (「非充当原則」として知られています), スペースは「全人類の州」であることを主張します.

人間が月面に着陸する前に、宇宙条約が書かれていました, 冷戦の緊張が取り付けられたとして、, ので、不十分な宇宙探査のコースを指示するために装備されています. この条約の多くの句は間違いなく必要です, そのような大量破壊兵器の禁止など, 専ら平和目的のためのスペースの使用. しかしながら, 非充当原理によって主権請求上の絶対制限は、将来の紛争につながる可能性.

一方、火星への提案人間の任務のための完全な詳細 (パブリックまたはプライベートかどうか) まだ開発中です, コロニー形成の基本的な前提, 対照的に、単に探索します, 懸念を提起. 宇宙条約の非充当原理は「主権の主張により充当することを禁止, 使用または職業によって、, または任意の他の手段によって '. これは、植民地自体の行為は条約と矛盾していることを示唆しています. どのようにこれらの組織は、主権が火星に着陸する前に、時に決定する未解決と極めて重要な課題であると主張することなく、植民地化しようとします.

これを解決する一つの潜在的な方法ではなく、土地そのものよりも、火星上のリソースに経済の請求に焦点を当てています. 公共および民間の当事者が火星に着陸し、自分の国の法律はすべての住民や観光客相似のに適用される基盤を確立可能性があります 国際宇宙ステーションを管理する既存の法律の規定. 彼らはまた、彼らは排他的経済的権利や行動科学を請求することができる土地の限られたプロットを確立することができます. しかしながら, このような「排他的経済水域は「主権へのクレームを欠いていることになります. 任意のコロニーからの火星の居住者は、これらのゾーンを通じて平和的に通過することができます, さらには自分自身の別の基地を設定することができます. しかしながら, ゾーン内に含まれるすべての抽出可能なリソースは、元原告の排他的権利であり. この提案は、現在の多くの火星ミッションの資源収集の目標を満たすための方法を提供します, 続行するには植民地化のための計画を許可, そして、宇宙条約の要件を満たします.

火星植民地化ミッションの多くの支持者は、どのような任務がするオブジェクト 不可逆的に火星の自然環境を汚染, 科学的研究を傷つけるだけでなく、地球の自然の美しさを損ないます. これらの悩みに対処するために, 地球の国立公園システムと同様の惑星公園システムを確立することができ. 惑星の公園はすべての上の地球科学者の入力に応じて特定され、調整されるであろう世界的に次の線に沿ってコンセンサスモデル NASAの十年調査 宇宙ミッションを選択します. いくつかの公園が唯一の科学の追求にオープンであるかもしれません, 他の人は、火星の自然環境を保全する純粋に美的指定することかもしれないが、.

このような計画の際に同意すると、前方に平和的な方法を提供することができ. しかしながら, 常に入植間のマイナーな競合が存在することになります, 非充当原理は、植民地と一緒に保持することである場合は特に, 無国家や組織としての排他的経済水域を完全に制御を行使することができるようになります. 一時的な裁判所のシステムは、地球上の国際司法裁判所を伴うことなく、火星の入植者間の紛争を解決する良い方法かもしれません. 2コロニーが互いに対立に来るとき, その場合は、聞いて、他のコロニーの代表から成る法廷によって解決することができます. このモデルは、入植の間で排他的に紛争を解決することによって保存される植民地の利益を可能にします.

上記で概説した計画が前方に1つの可能な方法であります. しかしながら, 国や組織が継続する方法についての対話に入ることは非常に重要です. 火星を植民地化するために、既存の計画は、彼らが主権を主張する問題に対処する方法に対処していません. しかし、宇宙条約に国家党の管轄下のすべての組織は、条約の規定を遵守する必要があります。. おそらく、解決策は、条約を再検討することです, 特に非充当原理, この要件は、今日でも関連性があるかどうかを決定. それとも解決策は、明示的に決済の方法に決定するために条約を改正することです. 現在の状況はあまりにも曖昧です, 植民地体制が最初の人類が火星に到着する前にすると判断された場合を除き、紛争は避けられないようです.

サラBRUHNSはバージニア大学で物理学と天文学を研究. 彼女はで火星に主権の調べ ジェイコブHaqq-ミスラ (haqqmisra) 経て 若手プログラム科学のブルーマーブルスペース研究所. ここでのビューは、著者の一人です.

guardian.co.uk © ガーディアンニュース & メディア·リミテッド 2010

を経由して公開 ガーディアンニュースフィード プラグイン WordPressの.