Facebookはビームに空からインターネットを望んでいる

Facebook wants to beam the Internet from the sky

Facebookは、それが無人偵察機を使用して作業ラボを持って明らかにしました, 衛星と 太陽電池式の 平面は、世界中のウェブアクセスを提供します.

Mark Zuckerberg, founder of Facebook

マーク・ザッカーバーグ, Facebookの創設者 (フォトクレジット: ウィキペディア)

“私たちは、空から人々に光インターネットに方法に取り組んできました,” Facebookの共同創設者兼最高経営責任者のMark Zuckerbergは、大手ソーシャルネットワーク上のポストで言いました.

コネクティビティ研究所のチームは、地球上のどこでも利用できる基本的なオンラインサービスへのアクセスを行うためにFacebookの発射Internet.orgによってクエストの上に構築します.

“全世界を接続すると、あまりにも新しい技術を発明必要になります,” Zuckerbergは言いました.

“それが私たちのコネクティビティラボが焦点を当てて何, ここでやるべきことがたくさんよりエキサイティングな仕事があります。”

研究所のチームは、航空宇宙、通信技術の専門家を含みます。, の元メンバーを含みます 米航空宇宙局 ジェット推進研究所とエイムズ研究センター, Facebookのに従って.

そして、それはちょうどパワード長時間飛行太陽の背後にある英国ベースのスタートアップから才能を追加しました, 無人機.

ラボでは、その使命を達成するために、様々な戦術を見ています. 遠隔地または広がった集団について, チームは、地球を周回衛星を使用してに興味があります.

郊外の人口は絶えずについて旋回面でのギアからインターネットサービスへのアクセスを与えることができます 20,000 メートルのオーバーヘッド, Facebookのヤエル・マグワイアはInternet.orgによって投稿YouTubeのビデオの中で述べて.

飛行機は天候の上に飛んでいくのだと, 日によって供給, 一度に数ヶ月のために空に残っている可能性が, マグワイアに従って.

チームは見ています “すべてを一緒に抱き合わせ” 衛星との間でデータを送信するためにレーザーを使用して, 航空機, または他のポイント.

“私たちは、まだ始まったばかりです,” マグワイアは言いました. “私たちはチームのいくつかの素晴らしい人々を持っているし、解決するためにいくつかの素晴らしい問題があります。”

Repost.Us – この記事を再発行
この記事, Facebookはビームに空からインターネットを望んでいる, からシンジケートされている AFP と許可を得てここに掲載されている. 著作権 2014 AFP. 全著作権所有

Zemantaのによって強化